新潟市役所職員を名乗る男性から「介護保険料の払い戻しがある」などと電話、新潟市中央区在住の60歳代女性から約100万円を騙しとる還付金詐欺が発生


新潟警察署

新潟警察署は26日に新潟市中央区在住の女性(60歳代)が約100万円を騙しとられる特殊詐欺(還付金詐欺)を認知し、捜査を開始した。

26日12時ころ、女性の自宅に新潟市役所職員を名乗る男から、「介護保険料の払い戻しがある」、「手続きには銀行口座が必要」、「コールセンターから電話させる」などの電話があった。その後、コールセンターを名乗る男から、「手続きの準備ができた」、「一時手続金を振込んでもらうが、後からそれも含めて返金する」などと言われ、自宅近くのショッピングセンターATMに行くよう指示された。

12時50分ころ、ATMに着いた女性がコールセンターに電話して相手の指示に従い、自身のキャッシュカードをATMに挿入し、画面のボタンを操作していたところ、他人名義の預金口座に約100万円を送金させられたことに気付いたもの。

新潟警察署は、「市役所からの還付金の電話や、ATMに誘導される場合は詐欺を疑い、警察や家族に相談して欲しい」と注意を呼び掛けた。なお、還付金詐欺については、コロナの影響なのか今年は全体的に多い傾向にあるという。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も