「最新の台風情報を入手してもらいたい」新潟県が「台風第8号に関する情報連絡会議」を開催


新潟県は12日、新潟県庁で「台風第8号に関する情報連絡会議」を開催した。

12日3時、日本の南において熱帯低気圧が台風第8号となった。台風第8号は、13日に関東甲信越地方にかなり接近する見込み。新潟地方気象台は、現時点において、台風が予想どおりの進路を進んだ場合、新潟県では雨・風・波ともに警報級となる可能性は低いと予想。ただし、予報園内の北寄りのコースを進んだ際には、予想よりも雨量が多く、風も強くなり、今後の最新の気象情報に留意が必要だという。

なお、13にかけて、日本海に前線が停滞する見込み。13日にかけて、急な強い雨や落雷、突風に注意が必要だが必要で、雨の降り方によっては、土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要だという。

12日6時現在、台風第8号はゆっくりとした速さで北へ進んでおり、今後、13日には関東甲信越地方にかなり接近する見込み。中心気圧は1,004ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルだという。

新潟地方気象台の河野智一主任予報官は、「現在、新潟県では警報級の可能性の予想はしていない。ただ、台風が左の方(東側のルート)を通った場合は、大雨注意報などが出る可能性もある。県民の皆さんには最新の台風情報、気象情報入手してもらいたい。お盆休みという人もいると思うが、防災感度を高くしてもらって情報の入手を継続して欲しい」と話した。

会議の様子

新潟地方気象台の河野智一主任予報官



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も