新潟市で新たに4名の新型コロナウイルス感染症患者を確認


25日に新たに4名のコロナ感染者確認

会見の様子

新潟市は25日、新たに4名の新型コロナウイルス患者が確認されたと発表した。市内251から254例目となる。

251例目は南区の70歳代女性自営業。246例目(40歳代女性南区自営業)の同居のご家族で濃厚接触者。不特定多数と関わる仕事ではないと言う。接触者はご家族のみになる見込みだ。

252例目は西区の70歳代男性無職。県外陽性者の濃厚接触者。19日、20日の二日間に渡って県外陽性者の方と接触があり、23日に37度台の発熱。24日にPCR検査を行い陽性が判明、38度台の発熱。現在の症状は軽い咳。

253例目は江南区の50歳代男性新潟市職員(環境部、ゴミの収集業務)。県外陽性者の濃厚接触者。20日に県外陽性者と接触があった。24日にPCR検査を行い陽性が判明、37度台の発熱があった。25日入院済み。なお、253例目の感染判明後、職場内の消毒作業を行っており、今後のゴミ収集に影響は無いという。

254例目は東区の50歳代男性会社員。23日に37度台の発熱があり、24日に医療機関を受診しPCR検査の結果陽性が判明。本日入院予定だという。現在判明している行動歴は、22日、23日と仕事をしていて、また仕事の関係で、感染拡大地含む県外への往来があったと言う。なお、現在は254例目の方が勤める会社の検査も進めている。

市245例目から250例目の続報

245例目(40歳代男性中央区自営業)は、19日に37度台の発熱。21日に医療機関受診。22日にPCR検査を実施し、23日に陽性が判明。24日に市内の協力病院へ入院。

246例目(40歳代女性南区自営業)は、20日に県外から帰宅し、21日に38度台の発熱があり、市内医療機関でPCR検査を実施。23日に陽性が判明し、24日に宿泊療養施設に入院。

247例目(80歳代男性江南区無職)は、県外陽性者の濃厚接触者。21日に県外の患者陽性が確認され、23日にPCR検査を実施し、同日39度台の発熱。24日に陽性が判明し、市民病院へ入院した。

248例目(50歳代女性江南区パート従業員)は、県外陽性者の濃厚接触者。21日に県外の患者陽性が確認され、22日に咳。23日にPCR検査を実施し、同日咳、倦怠感などの症状。24日に陽性が判明、また37度台の発熱があり、市民病院へ入院した。

249例目(20歳代男性江南区会社員)は、県外陽性者の濃厚接触者。21日に県外の患者陽性が確認され、22日に咳と微熱の症状。23日にPCR検査を実施し、24日に陽性が判明、また37度台の発熱があり、市民病院へ入院した。

250例目(20歳代女性江南区団体職員)は、県外陽性者の濃厚接触者。21日に県外の患者陽性が確認され、22日に咳の症状。23日にPCR検査を実施し、24日に陽性が判明、また37度台の発熱があり、市民病院へ入院した。

【関連記事】

新潟市で新たに6名が新型コロナウイルス、新潟市芸術文化振興財団の職員も(2020/12/24)

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も