家庭教師派遣などを行う有限会社興創(新潟市中央区)が事業を停止、今後破産による整理を予定


株式会社東京商工リサーチ新潟支店によると、有限会社興創(新潟市中央区、設立2000年10月2日、資本金800万円、榊茂喜社長)は8月31日までに事業を停止し、事後処理を菊池淳哉弁護士、他1名(菊池淳哉法律事務所、新潟市中央区弁天)に一任した。今後は破産による整理を予定している。負債総額は現在調査中。

2000年10月に設立された家庭教師派遣及び学習教材販売業者。本社を置く新潟県のほか、秋田県、山形県、青森県、福島県、岩手県、北海道を営業エリアとし、小学生から高校生までを対象に家庭教師派遣や教材販売を手掛け、2014年2月期は3億7,183万円の売上高を計上し、利益も確保していた。しかし、少子化の影響や他社との競争激化などで、その後の売上高は減少傾向を余儀なくされ、採算面の悪化から金融債務も膨らんでいた模様で、ついに支えきれず今回の措置に至った。

 

【関連記事】
印刷業の株式会社天野印刷(新潟県新発田市)が破産申請へ、県内55件目の新型コロナウイルス関連倒産(2022年9月6日)

中古自動車販売などを行う株式会社サンシャイントレーディング(新潟市西区)が、破産開始決定(2022年9月6日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も