にいがた経済新聞アプリ


新潟県阿賀野市が、AIを活用したオンデマンドバスの試験運行を実施中


オンデマンドバス

新潟県阿賀野市は、平成29年から前日予約制のデマンド型市営バスを運行しているが、昨年12月1日から、時刻表がなく当日好きな時間に予約ができるデマンド市営バスの運行を試験的に実施している。8人乗りで乗車料金は、1回乗車100円(小学生50円)。今年2月26日まで平日の午後2時30分から5時まで試験運行を行う。

乗降客は、スマホ画面か電話で、乗車するバス停を伝えて事前に予約する(当日予約も可能)。バスは、他の乗客からの予約が入ると、次の予約客が待つバス停へ経路を変えて運行するが、AI(人工知能)が最適な運行経路を割り出す。これにより最短経路での運行が可能となり乗車時間の短縮につながる。

一方、予約者は、案内された乗車予定時刻にバス停で待つという。

実験運行を行っている前山線の運行エリアには、あがの市民病院、水原駅、京ヶ瀬駅、スーパーなどの停留所も含まれており、通院や買い物などの交通手段として利用可能だ。スタート以降、12月22日現在で利用登録者数は16人、利用者数は30人になっている。

なお前山線の午前便は今までどおりの形で運行している。

【関連サイト 前山線オンデマンドバス試験運行】
https://www.city.agano.niigata.jp/soshiki/somuka/doro_kotsu/1/2/6780.html



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから