【特集】「コース料理のように提供されるデザート」アシェットデセール専門店「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」(新潟市中央区)


新潟市中央区新和にアシェットデセール専門店「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」が8月5日にオープンした。新潟県では非常に珍しい形態であるコース料理のようにデザートが提供される店だ。

「アシェット」とは、フランス語で「皿」という意味で、デセールは「デザート」という意味。名前の通り、皿にデザートを盛り付けて、コース料理のように提供する。「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」で提供されるデザートは、すべて塚本夏輝代表が考案したオリジナルデザートとなっている。また、店名の「ete」は日本語で「夏」という意味で、塚本代表の名前の「夏輝」からきているのだという。

「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」の塚本夏輝代表

店内の様子は、派手な飾りつけのないシンプルな空間でカウンター席が4席用意されている。焼き菓子が作られている時は設置されたオーブンから甘い香りが店内に広がる。

店内の様子

原則的に予約制となっており、予約時間に合わせて塚本代表は店舗内で準備を行うという。1か月ごとにメニューが変わり、季節の果物を使った創作デザートが楽しめる。デザートは目の前で作られるので、料理の味だけではなく、デザートが作られていく過程も楽しめるようになっている。メニューの種類はAコース(2,000円)とBコース(4,500円)の2種類から選べる。そのほかにも、テイクアウトできる焼き菓子も用意されており、テイクアウトのみの来店も可能となっている。

予約はこちらから→https://airrsv.net/dessertsalon-ete/calendar

左 リンゴのタタン~トンカ豆のアイスとカルバドスの香り~ 右 柿のパイ包み~バニラアイスとスパイスの香り~

塚本代表におすすめの店舗利用の仕方について尋ねると、「ちょっとお昼を早めに済ませて、デザートを食べに来たみたいな利用の仕方とか、夕飯を早めに食べてデザートを食べにくるみたいなのもいいと思う」と教えてもらえたが、基本的にはどんな利用方法も大歓迎で、事前に要望などを伝えてもらえばその都度、柔軟に対応をするという。

営業時間は14時から20時。定休日は木曜日となっている。

アシェットデセールに興味を持った経緯を塚本代表に聞くと、「専門学校に通っている時に先生が世間話をしているのをたまたま聞いたのがきっかけだった。そこから自分で調べていくうちに、どうやって作るのだろうとか、いつか作りたいなと思って。そこから、アシェットデセールのお店を開きたいなと思った」と語った。

これから利用を考えている人に向けてのメッセージを聞くと、「純粋にお菓子を美味しく食べてもらって、ゆっくりとした時間を過ごしてほしい。2,000円のコースと4,500円のコースがあるが決して安い値段ではないと思うので、贅沢な時間をこの店で過ごしてほしい」と呼び掛けた。

「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」の外観

 

【グーグルマップ 「dessertsalon ete(デセールサロン エテ)」の場所】



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も