青年会議所

新潟県三条市の滝沢亮市長が定例会見で市内新型コロナの感染状況を説明

新潟県三条市の滝沢亮市長

新潟県三条市の滝沢亮市長は12日に定例会見を開き、12月から1月にかけて市内複数施設で発生した新型コロナウイルスの感染症へ対する市の対応や、追加の支援策を発表した。また、除雪・交通情報の提供や、4月に開校する三条市立大学の一般選抜受付開始の告知も行った。

 

目次

◎三条市内の新型コロナ感染状況について
◎新型コロナ関連の支援策を見直し
◎降雪状況の情報発信を開始
◎三条市立大の一般選抜が受付開始

 

三条市内の新型コロナ感染状況について

滝沢市長は会見の冒頭にて、三条市立大崎学園において新型コロナウイルス感染症感染患者が発生したことと、市と学校の対応に関してを公表した。学校では、11日に徹底した校内の消毒作業を実施し、12日と13日は後期課程(7から9年生)の学年を閉鎖する。生徒と濃厚接触が疑われる人は限定的だが、そうした人たちのPCR検査の結果が判明するまでの措置であるという。

また、施設の配置や冬季休業期間であったことから、感染患者の生徒と接触する可能性が低かった前期課程(1から6年生)の児童に関しては閉鎖しないが、保護者の意向で登校を自粛する場合は、欠席扱いとせず登校を要しない日として対応する。

3日より感染患者が確認されている三条市消防署については、同署に勤務する職員全員へPCR検査を行った結果、既存の判明分である7人を除いて、全て陰性であったことを発表した。罹患した職員と接触の疑いのある職員は3日から16日まで自宅待機する。

滝沢市長は「罹患した職員は救急業務などに従事していたが、防護服や高機能マスクの着用など感染対策を行っており、また他の職員も市民と直接接する業務でないことから、業務を原因とした市民への感染拡大の可能性は低いと考えられる。また現在、消防本部、分署、分遣所から人員を補給し、勤務体制の再構築をしており、火災や救急への対応に問題は無いので、市民の皆さんには安心してほしい」と話した。

加えて、12月23日から1月2日まで、入所者18人と職員16人の感染者が発生した「さかえの里」と、12月1日から16日までに計18人の感染が確認された「一ノ門わくわく保育園」に関しては、上記の日にち以降は感染者が発生していないことにも言及した。

 

新型コロナ関連の支援策を見直し

三条市では、全国的に新型コロナの感染が拡大していることを受け、支援策の見直しと実施を開始する。

三条市が4月から12月まで交付した「事業継続等支援補助金」は、依然として厳しい状況にある事業者がいることや、業種によって業績が二極化している現状を受け、一部対象者を見直し1月から3月まで支援を継続する。

見直し後の対象の条件は4点。第1に、三条市内に店舗を有し、接待を伴う飲食業、または、正社員20人以下の事業者。第2に、申請月の直近2ヶ月連続で売上高が前年同期比で30%以上減少していること。第3に、申請月の直近6ヶ月の総売上が前年同期比で10%以上減少していること。第4に、市税を完納している、または、完納に向けた準備をしていること。補助内容については、12月以前からの変更は無い。

また「事業継続等支援補助金」以外にも、PCR検査費用の助成条件に、感染拡大都道府県との往来を行った人を加えるとする変更と、三条市への転入者を受け入れる家庭を対象とした長期宿泊プランの提供を開始する。

PCR検査費用の助成について

県外からの来訪者を受け入れる家庭を対象とした宿泊プラン

 

降雪状況の情報発信を開始

昨年12月から続く降雪にあたり、三条市は除雪・渋滞などに関する情報を市のサイト「雪関連情報」にて発信を開始する。公開される情報は主に3点。

まず第1点は、除雪の状況。市道の除雪車206台と、国道・県道の除雪車33台に搭載されるGPSを元に、除雪車の現在地と除雪済み・除雪予定の道路が確認可能となる。2点目は、株式会社エヌ・シィ・ティ協力のもと、道路沿いカメラを通じて市内13ヶ所の道路渋滞状況を確認可能。3点目は、通行止の状況である。

 

三条市立大の一般選抜が受付開始

三条市立大学の模型

4月に開校する三条市立大学の一般選抜の出願受付が、25日から開始される。試験日は、前期日程が2月25日で、中期日程が3月8日。募集人数は、前期日程56人、中期日程16人の計72人。出願方法はインターネット出願。提出期限は1月25日から2月5日まで。

試験会場は三条市立大学を予定しているが、新型コロナウイルスの現状も鑑みて県外会場の設置も検討中であるという。滝沢市長は「現在は首都圏会場を考えているが、同地域は感染者が増えている状況にあるため、さらに他の地域にも会場を設けたい。多くの人から(受験を)チャレンジしてもらい、ものづくりの分野で新たな価値を創造する、“創造性豊かなテクノロジスト”を目指してほしい」と期待を示した。

なお、合格発表日は前期日程が3月3日で、中期日程が3月15日。三条市役所と大学のwebサイトにて掲示する。また現在、同サイトの受験生向け情報にて想定問題を掲載中である。

 

【関連記事】
新潟県三条市、大崎学園後期課程の生徒の新型コロナウイルス感染を受けて12と13日、後期課程を学年閉鎖(2021年1月11日)

新潟県三条市の滝沢亮市長が就任後初めての定例会見、ジャイアント馬場氏の愛車の寄贈や三条大学の推薦選抜について発表(2020年12月1日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も