越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


新潟県燕市の鈴木力市長が定例会見

燕市の鈴木力市長

新潟県燕市の鈴木力市長は27日に定例会見を開き、県内初となる電子図書館サービスの開始などについて発表した。鈴木市長は、「好きな場所で好きな時間に本が借りられるということは住民サービスの向上にも繋がる。大きな事業になるかと思うのでぜひ多くの方に使っていただきたい」と話した。

 

県内初!電子図書館サービスを開始

県内初の電子図書館サービス「つばめ電子図書館」は、行政サービスがいつでも・どこからでも利用できるデジタル市役所に向けた取り組みとして開始する。サービスでは、パソコンやスマートフォンから専用サイトにアクセスし、電子化された本を借りて読むことができる。場所や時間を選ばず借りられるほか、音声付きやアニメーションなど、電子図書ならではの機能も満載。電子図書のコンテンツ数は約1,000タイトルでスタートし、今後も追加を予定している。

サービスの利用開始は2月2日の午前9時30分からで、メンテナンス等による運用停止時を除き24時間利用できる。

つばめ電子図書館:http://www.city.tsubame.niigata.jp/school/029001344.html

つばめ電子図書館のサイト

 

市民向けにPCR検査費用の助成を拡充

会見では市民向けPCR検査費用の助成拡充、新型コロナ対策を講じた確定深刻相談会の実施、燕市職員ガイダンスなどについても発表された。

燕市は、新型コロナウイルス感染症へのリスク管理を支援するため、市内事業者や教育実習を行う学生、介護サービス利用者を対象に、民間検査機関が実施する唾液 PCR検査に係る費用の補助を実施してきた。このたび、全国的に感染症拡大が収束せず、国や新潟県において一部地域との往来の自粛が要請される状況を受け、既存制度の拡充を図る。受験や冠婚葬祭、里帰り出産などやむを得ない事情での往来を新たに助成対象として追加し、受験生をはじめとした市民の生活を支援する。

受付は2月1日から。受検対象者は、受験や冠婚葬祭、里帰り出産など、やむを得ない事情により「感染拡大が見られる地域」との往来のある燕市民(無症状者)。補助上限は1検体あたり上限10,000円。

 

新型コロナ対策を講じて確定申告相談会を実施

確定申告相談会では、今年度、市民の利便性向上と待合場所での混雑緩和を図るため、インターネットを使用した受付システムを導入する。このシステムにより、インターネットを通じて申告の順番受付と現在の呼び出し番号の確認が可能となり、申告会場での順番待ちが不要となる。このほか、会場入口に設置したサーマルカメラの活用や申告会場のブース削減など、新型コロナウイルス感染症対策を講じた上で実施される。

申告期間は2 月16日~3月15日。対象は燕市役所申告相談会場での申告相談受付(当日のみ受付)。

 

燕市職員採用ガイダンスを開催

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中でも、燕市役所での仕事内容やその魅力を紹介するため、職員採用ガイダンス(説明会)をオンラインで開催する。ガイダンスでは、燕市の目指す姿や政策などについて、市長からの熱いメッセージを送るほか、若手職員が自身の体験談を通じてやりがいや仕事内容、職場環境などを詳しく紹介するという。

開催日時は3月13日(土)午前9時15分~午前11時30分で、受付は2月10日(水)から開始される。当日は人事担当者からの説明、若手社員の体験談、市長からのメッセージがオンライン形式(Zoom ウェビナーを使用)で行われる。

燕市職員採用ガイダンス:http://www.city.tsubame.niigata.jp/news/002001095.html

 

地域防災活動の活性化に向けた研修会の開催

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中でも、災害に備えた防災活動を活性化するため、地域でできる効果的な防災活動を学ぶ2つの研修会を開催する。「市民防災セミナー」では、防災活動に取り組む意欲の醸成を目的とした講演会を実施し、自治会や自主防災組織などで防災リーダーとして活躍する方を対象とした「防災リーダー研修会」では、専門家の講演により最新の知識を習得するとともに参加者同士の情報交換を行う。

◎市民防災セミナー

開催日時:3月7日の午前10時~午前11 時30分、申込期間は1 月27(水)~3月5日(金)。
講師:長岡造形大学 福本塁 助教
・防災リーダー研修会
開催日時:3月20日の午前9 時30分~正午。
講演:「コロナ禍と地区防災-何が変わるのか、変わったのか-」
講師:兵庫県立大学 澤田 雅浩 准教授(オンライン形式)

 

2020年度Jack &Betty教室の成果発表会を開催

今年度の「Jack & Betty 教室」と新設した「英検チャレンジ教室」は、新型コロナウイルス感染症対策を講じながら、6月に Web上で開講し、8月までビデオレッスン、9月から通常のレッスンを行ってきた。このたび、1年の英語学習を振り返る成果発表会を開催する。なお、当日は感染症拡大防止の観点から、クラスごとに分散して実施される。

開催日時は1月30日(土)午後1時~午後4時30分、燕市役所燕庁舎で行われる。

Jack & Betty 教室発表会

 

分水良寛史料館 新春企画展を開催

分水良寛史料館では、良寛と親交の深かった禅僧・有願と、有願に絵を教えた絵師・狩野梅笑の作品を中心とした新春企画展を開催する。この企画展では、江戸で活躍した梅笑のダイナミックな作品「龍之図」や、中国で広く信仰される厄除けの神を描いた有願の作品「赤鍾鬼」など24点が展示されるという。

会期は2月9日(火)~3月21日(日)。狩野梅笑の「龍之図」、「布袋他」や、 有願の「赤鍾鬼」、「唐獅子 からしし 」などが分水良寛史料館にて展示される。

分水良寛資料館:http://www.city.tsubame.niigata.jp/school/029000030.html

分水良寛資料館



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も