越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


アークランドサカモト株式会社(新潟県三条市)が2021年2月期通期の連結業績予想を上方修正

アークランドサカモト株式会社(新潟県三条市)は8日、2020年9月10日に公表した2021年2月期通期の連結業績予想を上方修正した。またこれに伴い、2020年3月23日に公表した2021年2月期の期末配当予想を修正することを、2021年2月8日の取締役会にて決議した。

修正の理由は、アークランドサカモトが2020年11月、新たに株式会社ビバホームを連結子会社としたことにより、同社の10月から12月損益を合算したため。なお、合算したビバホームの10月から12月の損益は、売上高523億7,600万円、営業利益は34億6,500万円、経常利益33億200万円、当期純利益は23億600万円。

この結果アークランドサカモトは、売上高を1,251億7,900万円から1,779億円に、営業利益を124億7,000万円から157億円に、経常利益を132億700万円から166億円に、親会社株主に帰属する当期純利益を65億7,200万円から89億円にそれぞれ上方修正した。

 

【関連記事】
アークランドサカモト株式会社(新潟県三条市)、LIXILビバの商号をビバホームに変更(200年11月10日)

アークランドサカモト株式会社(新潟県三条市)が株式会社LIXILビバを完全子会社(2020年11月9日)

アークランドサカモト(新潟県三条市)、2021年2月期 第2四半期決算(連結)を発表(2020年9月14日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も