越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


新潟市西区佐潟で回収された死亡野鳥への簡易検査でA型鳥インフルエンザの陽性を確認

新潟県は8日、環境省が実施している調査において、新潟市西区佐潟で回収されたマガモ1羽の死体から、A型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が確認されたと発表した。

現時点では簡易検査による陽性が確認された段階であるため、病性は未確定であり、高病原性鳥インフルエンザウイルスは確認されておらず、確定検査の結果、陰性になる可能性もある。

環境省では8日、回収範囲の約10km以内を野鳥監視重点区域に指定するとともに、確定検査機関に検体を移送した。結果の判定には、1週間ほどかかる見通しである。

県では半径10km以内の農場に対して異常のないことを確認し、防疫対策の再徹底を指導したという。また、9日には関係課による情報連絡会議を開催し、今回の事例に関する情報および対応を共有する予定である。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も