暑中見舞い

通販サイト「新潟直送計画」が通販需要の増加に伴い2020年流通額が前年度比95%の増


新潟県内の生産者と全国の消費者をつなぐ通販サイト「新潟直送計画」

株式会社クーネルワーク(新潟市西区)は1日、同社が運営する産地直送ECサービス「新潟直送計画」の2020年度流通額が前年度比95%増の4億5,000万円となったことを発表した。

「新潟直送計画」は2011年12月にサイトを開設。スタッフによる現地取材などを特徴として徐々に流通規模を拡大していたが、2020年度は新型コロナウイルス感染拡大に伴う“巣篭もり”需要の影響を受け惣菜・即席食品・乾麺・スイーツといったジャンルの取り寄せが特に大きな伸びを見せた。これにより、お取り寄せ(自家用途注文)の比率も全体の53.5%(前年度比1.5ポイント増)とわずかに変化した。

店舗数と売上高の推移

県をまたぐ移動や帰省の自粛の流れから、県外在住の新潟県出身者を中心に取り寄せが増加。全体注文のうち93%は県外への配送であり、特に首都圏4都県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)への配送が44.2%を占める。一方で、県内からの注文も前年度比148%増と大幅に増加。大手百貨店の閉店も相まって、遠方へ住む家族や知人へのギフト需要が増加したようだ。

注文エリア内訳

利用者の増加と並行して、外出自粛の影響を大きく受けた事業者のECサイト利用も加速した。「新潟直送計画」ではコロナ禍の影響を受けた飲食店や酒蔵、観光施設へ期間限定で新規出店を無償化するなどの取り組みを行った影響もあり、前年を上回る249件の新規出店申し込みがあったという。その内154店舗が販売開始に至り、公開店舗数は2019年の393店舗から547店舗へ増加した。

今後クーネルワークは「新潟直送計画」の規模拡大と並行して近隣圏への展開を行うという。2021年5月には「山形直送計画」を開設、同年夏には県内商業施設への出店を目指している。

 

【関連記事】
通販サイト「新潟直送計画」のクーネルワークが来年に山形で通販サイトを開設(2020年10月22日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も