テレワーク時代の最新ファイルサーバ


KDDI、ファンとアルビレックス新潟の選手があたかも一緒の空間にいるような自分だけの動画作成ができる「スワンde 2ショット」を提供す

デンカビッグスワンスタジアム

KDDI株式会社は、株式会社アルビレックス新潟(新潟市中央区)とともに、3月27日から、明治安田生命J2リーグのアルビレックス新潟のホームスタジアム「デンカビッグスワンスタジアム」において、試合開始前のイベント広場などでAR活用サイネージ「MovieWall」を用い、バーチャル上でファンと選手があたかも一緒の空間にいるような自分だけの動画作成ができる「スワンde 2ショット」を提供する。

スワンde 2ショットは、10名の選手中から好きな選手を選択(複数人選択可能)し、一緒の空間にいるような自分だけのオリジナルムービーを制作し、作成した動画は自身のスマートフォンに送信・保存できる。撮影可能な選手は、阿部航斗選手、千葉和彦選手、早川史哉選手、島田譲選手、ロメロフランク選手、鈴木孝司選手、星雄次選手、ゴンサロゴンザレス選手、小見洋太選手、谷口海斗選手。

アルビレックス新潟とKDDIは、新たなサッカー観戦体験を創出することを目的としたパートナーシップのもと、昨年12月にはARでスタッツ情報表示などを体験できる「au 5G」体感シートを提供した。2021シーズンは「au 5G」体感シートに加え、「スワンde 2ショット」などを使って、5GやARなどの先端技術で試合日がより楽しい1日になるような観戦体験の創出に取り組んでいく。

「au 5G」体感シートは、デンカビッグスワンスタジアムのメインスタンド2層目テーブル席10セット(20席)に5G対応のスマートフォンを設置。5Gの特長である高速大容量のデータ通信を活かし、AR技術を活用した新しい観戦体験を提供する。応募対象者は、2021シーズンパスホルダーで、3月27日にスタジアムへ来場可能で、試合前(キックオフ約1時間前)から試合終了まで体験できる人。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も