テレワーク時代の最新ファイルサーバ


新潟県阿賀野市の「サントピアワールド」が冬季休業を終えて再オープン

開園直後の入り口ゲート付近の様子

新潟県阿賀野市の遊園地「サントピアワールド」が20日、冬季休業を終えて再オープンした。

サントピアワールドでは例年、積雪によりアトラクションが利用できない冬季は「世界の洋らん展」の開催が恒例であったが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止を余儀なくされ、11月30日からは完全クローズとなっていた。

20日の再オープンには開園前から入場ゲートに多くの親子連れが行列を作り、約3ヶ月ぶりの開園を待ちに待っていたという様子。開園アナウンスとともに入場した子供達は、嬉しそうな足取りでお気に入りのアトラクションを目指していた。

入り口では、開園前からスタッフが検温や消毒に回っていた

園内の様子

サントピアワールドのスタッフは「休業期間中もメンテナンスや雪下ろしなどを行い、万全の体制で開園できるようアトラクションの保守作業を続けてきた。世の中がコロナ禍で大変な中、皆様に1つでも笑顔を届けることができれば」と話す。

また、休業期間中に新たなアトラクションも企画され、現在プロジェクトが進められているという。同施設は2020年、クラウドファンディングによる資金獲得や、その後の独特な新アトラクションなどの取り組みで注目されたが、今後についても期待が高まる。

 

【関連リンク】
サントピアワールド 公式webサイト

【グーグルマップ サントピアワールド】





無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も