新潟市天寿園で春の訪れ「雪割草」が開花


天寿園の雪割草

新潟市天寿園の中国庭園藤脇棚で、「雪割草」が開花し、見頃を迎えている。

この雪割草は2020年9月に市民から100株寄贈され、植樹を行ったもの。雪割草はキンボウゲ科ミスミソウの園芸名で、2008年3月1日に新潟県の草花に指定されている。「自信」「期待」の花言葉は厳しい冬の寒さにも負けず、美しい花を咲かせることに由来するといわれ、「はにかみや」の花言葉は恥ずかし気に雪の下から顔を出す様子にちなむといわれている。

天寿園では4月上旬まで、100株が園路から見ることができる。開園時間は午前9時から午後5時までで、入園は無料。

【関連リンク】
新潟市天寿園公式ホームページ
https://tenjyuen.com/


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓