新潟市、売上減少が長期に及ぶ飲食店に向けて支援金を支給


新潟市は23日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う会食自粛等の影響により、売上減少が長期に及んでいる飲食店の事業継続を支援するため、追加の経済対策を実施すると発表した。

対象者は市内で飲食店等を営む事業者で、新潟県「事業継続支援金」の交付決定を受けた事業者(県の交付決定通知書の写しをもって審査する)。支給額は1事業者10万円。支給要件として令和2年12月から令和3年4月までの期間において、2か月連続して年同月比20%以上売上が減少していることとなっている。前年との比較が適当でない場合は前々年と比較することもできる。

また、飲食店支援金コールセンター(電話番号:025-242-1558)が3月24日から3月31日まで開設される。受付時間は午前9時から午後5時まで(土日祝日を除く)。なお、4月1日以降の電話番号及び受付体制は別途案内がされるという。

 



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も