新潟県燕市のデザインコンクール受賞企業が花角英世知事へ表敬訪問、花角知事「これからも新潟経済のエンジンとして活躍を」【動画あり】

新潟県燕市物産見本市協会が主催する「ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール」の2023年度受賞企業が4月20日、新潟県の花角英世知事を訪問し、今年も受賞製品を紹介した。

同コンクールは、燕市で生み出される様々な製品に対し、デザインや経済、市場の専門家の視点による評価をすることで、産地としての競争力の向上や持続的発展を目指すイベント。第46回目となる今回は、市内34社から64点の応募があった。

20日は花角知事の元に、刃の無いおろし金「トミタ式おろし金」でグランプリの経済産業大臣賞に輝いた株式会社トミタの冨田雅俊代表取締役をはじめ、受賞した14社の代表者と、燕市の鈴木力市長が訪れ、それぞれの受賞製品の創意工夫を力説した。

新潟県の花角知事と表敬訪問に訪れた燕市の企業の代表者

「トミタ式おろし金」を説明する、株式会社トミタの冨田雅俊代表取締役

「毎年(受賞製品の報告が)楽しみになっている」と話す花角知事は、今年も各製品を一つ一つ実際に手に取って解説に耳を傾けた。「トミタ式おろし金」をはじめ、同市が得意とするキッチンウェアやキャンプ用調理器具などの解説の場面では、具体的な利用シーンや可能な料理法などを細かに質問していた。

また、「若monoデザインコンペティション燕」から製品化し外部のデザイナーと協力した「HANAKUBARI」や、今年のドイツ「iFデザイン賞」も受賞した、間伐材を材料とする「くみ木の絵本 おかえりどうぶつはうす」など、既存の燕のイメージに留まらない「ものづくり」も多く並んだ。

花角知事は「高付加価値化や、多くの人から喜ばれるものを作っていこうという弛まぬ努力に改めて敬意を表する。それが燕という地域の原動力だと思う。引きつづき、新潟の経済のエンジンとして活躍していくことを期待したい」と話した。

「くみ木の絵本 おかえりどうぶつはうす」を説明する、株式会社Ibizaの高井幸江代表取締役

「HANAKUBARI」を説明する、株式会社タケダの武田和江取締役

「TSBBQ ライトステンレスダッチオーブン」を説明する、株式会社山谷産業の山谷武範代表取締役

「中身が見える冷蔵庫」を説明する、株式会社ツインバードの河村吉章取締役

「家事問屋 パニーニパン」を説明する、下村企販株式会社の下村達大代表取締役社長

「メタルシェラボウル」を説明する、有限会社片力商事の片山透代表取締役

「マツエクツイザー」を説明する、株式会社小林製作所の小林直樹代表取締役

「Barista Bottle」を説明する、株式会社SUSの澁木明恵代表取締役社長

「おろし金 R30」を説明する、株式会社シゲル工業の藤田正健代表取締役

「クラッドパン」を説明する、有限会社せきかわ工芸の関川慎也氏

「The Beer Tumbler Black studs」を説明する、燕商工会議所の高野雅哉事務局長

「山小太刀」を説明する、株式会社富田刃物の富田博之代表取締役社長

「EA ト CO Shibolu」を説明する、株式会社ヨシカワの田中則明専務取締役

 

【関連記事】
【新潟県燕市】ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール、「刃を使わないおろし金」がグランプリ受賞【動画あり】(2023年3月30日)

b-method

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓