越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


新潟県燕市内3図書館の全スタッフが、マスクの下の笑顔が分かるバッヂ「MY FACE」を装着開始

「MY FACE」をつけた職員、右胸元に顔が分かるバッジを着用している

新潟県燕市の燕市立図書館、吉田図書館、分水図書館のスタッフ総勢23人が22日から、マスクの下の素顔が分かる「MY FACE」の装着を開始した。

「MY FACE」は新潟県出身のヘアメイクアーティスト佐藤圭氏が、コロナ禍でマスクをしていても笑顔を伝えたいとの思いで考案したもので、新潟伊勢丹など県内多数の企業や個人に現在広がりつつある。

燕市の3図書館では、職員の提案により22日から導入が開始。自治体の図書館が「MY FACE」を導入するのは初めてだという。

燕市図書館のポスター

「MY FACE」 ロゴマーク

 

【関連リンク】
佐藤圭氏のwebサイト「MY FACE」のページ

燕市図書館 webサイト



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も