越後薬草はアルビレックス新潟のオフィシャルパートナーです


新潟県村上市勝木地内、堀ノ内地内の砒素による土壌・地下水汚染に係る周辺地下水の調査結果について公表

新潟県は27日、村上市勝木地内および堀ノ内地内における砒素による土壌・地下水汚染に係る周辺地下水の調査結果について公表した。

それによると、村上市勝木地内及び堀ノ内地内の一般国道7号朝日温海道路(日本海沿岸東北自動車道)工事予定地において、工事実施者が工事着手手前に実施した土壌および地下水の自主調査の結果、有害物質である砒素が基準値を超えて検出された(4月19日工事実施者公表)ことから、各地点の周辺の井戸の設置状況を確認し、4月22日に地下水調査を実施したという。

その結果、村上市勝木6地点及び堀ノ内4地点のいずれの地点においても砒素は検出されなかった。



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も