【負債総額約7,200万円】農産物生産・販売などの桔梗屋(新潟県津南町)が破産開始決定

株式会社東京商工リサーチ新潟支店によると、農産物の生産・加工・販売を行なっていた株式会社桔梗屋(新潟県津南町、設立2016年4月21日、資本金200万円、阿部正樹社長)が7月6日に新潟地裁長岡支部より破産開始決定を受けた。申請代理人は砂山雅人弁護士(砂山法律事務所、新潟県長岡市)、破産管財人には小村隆弁護士(小村法律事務所、新潟県長岡市)が選任された。負債総額は約7,200万円。

桔梗屋は津南町内にてキャベツ、スイートコーン、ズッキーニ、人参、イチゴなどを栽培し、水稲農業も併営していた。

大規模農業経営を志向していたとされるが、当初想定の売上が確保できず、経費先行で採算確保に苦慮していた。また、新型コロナウイルス感染拡大後は、外食産業向けなどの需要が落ち込み、厳しい業況に置かれていたもので、先行きの見通し難から事業継続を断念し、今回の事態となった。

なお、新潟県内における新型コロナウイルス関連破たんは106件目となる。

b-method

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓