新潟市中央区、西区、江南区、秋葉区で新たに10名の新型コロナウイルス感染症患者、新潟市職員に感染者確認


新潟市保健衛生部の田辺博保健管理課長

新潟市は11日、新たに10名の新型コロナウイルス感染症患者が確認されたと発表した。市内1114から1123例目となる。本日公表された感染者は全員軽症または無症状。

1114例目は江南区の10歳代男性(学生)。10日に市内1101例目の濃厚接触者(友人)として大規模検査センターでPCR検査を実施し、陽性が判明した。新潟に帰省していた1101例目とほか数名で会う機会があったという。1101例目に関連する感染者は計3名となった。

1115例目は中央区の70歳代男性(パート従業員)。11日に市内1104例目の濃厚接触者(同僚)として市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。

1116例目は西区の50歳代女性(医療機関職員)。11日に市内1112例目の濃厚接触者(家族)として市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。

1117例目は西区の30歳代男性(自営業)。11日に市内1112例目の濃厚接触者(家族)として市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。

1118例目は中央区の50歳代女性(自営業)。11日に市内医療機関で高原検査を行い、陽性の判定。その後市の衛生研究所でPCR検査を行い陽性が判明した。現時点で感染経路不明。

1119例目は秋葉区の30歳代女性(新潟市職員)。11日に県2569例目の濃厚接触者(親族)として県内の保健所からの依頼により市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。新潟市の発表によると、当該感染者は秋葉区役所に所属し保育業務に当たっていたが、16日から出勤はしていないという。業務上の濃厚接触者はいないが、その他の濃厚接触者については保健所が調査中。

1120例目は秋葉区の10歳未満男性。11日に県2569例目の濃厚接触者(親族)として県内の保健所からの依頼により市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。1119例目と1120例目は家族。

1121例目は中央区の20歳代男性(会社員)。11日に県外患者の濃厚接触者(同じ会社の友人)として県外からの依頼で市の衛生研究所でPCR検査を実施し、陽性が判明した。県外往来歴がある。県外患者と同じ会社に所属するが勤務場所は異なり、市内に勤務する。

1122例目は西区の20歳代男性(会社員)。11日に市内の医療機関でPCR検査を実施し、陽性が判明した。現時点で感染経路不明。

1123例目は江南区の40歳代男性(会社員)。11日に市内の医療機関でPCR検査を実施し、陽性が判明した。現時点で感染経路不明。

 

【関連記事 新潟市の直近の発表】
新潟市で新たに3名の新型コロナウイルス感染症患者(2021年5月10日)

【関連記事 新潟県の直近の発表】
新潟県内長岡市、南魚沼市、上越市など8市町で計20名の新型コロナウイルス新規感染患者を確認(2021年5月10日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も