「ちとせグループ」が新潟県長岡市、ENEOS株式会社らと共に藻類を活用した日本発の企業連携型プロジェクト「MATSURI」を始動


藻類の生産の様子(ちとせグループ提供資料より)

バイオベンチャー企業群 「ちとせグループ」 は、ENEOS株式会社、三井化学株式会社、新潟県長岡市らと共に、藻類を活用した日本発の企業連携型プロジェクト「MATSURI」を2021年4月より始動した。

上記の企業のほか、日本精化株式会社、株式会社富洋海運、花王株式会社、日本特殊陶業株式会社、本田技研工業株式会社、三菱ケミカル株式会社、興和株式会社、DIC株式会社、富士化学工業株式会社、株式会社日立プラントサービス、池田糖化工業株式会社、武蔵塗料ホールディングス株式会社、Sarawak Biodiversity Centre、、佐賀県佐賀市、山梨県北杜市(2021年5月13日時点)らが参加している。

多種多様な業界から様々な企業が参加するMATSURIは、藻類培養に関わる設備の開発や物流網の整備、最終製品の開発・販売など、藻類の生産から販売に至るまで、全ての段階でそれぞれの事業を展開し、パートナー企業が一体となって藻類産業の構築を目指していく企業連携型プロジェクトである。

現在、健康食品や化粧品といったいくつかの高付加価値製品の市場においては、藻類から得られる成分を用いた製品が既に販売されているが、燃料やプラスチックなど、比較的単価が安い製品は、藻類原料の生産コストと製品価格が折り合わないため、事業化が難しいといった課題がある。

そこでMATSURIでは、それぞれ異なる分野で藻類製品の開発を志すパートナー企業と共に、藻類を構成するタンパク質・脂質・炭水化物など全ての成分を最大限活用することで、あらゆる分野で収益性が確保できる産業構造の構築を目指す。

また、2025年に世界最大となる2,000haの藻類培養設備を建設し、様々な製品の原料として300円/kg以下の生産コストで140,000トン/年(乾燥重量)の藻類を供給できる体制を確立する。

さらに、光合成を活用した藻類の生産(独立栄養方式(※))を通じてカーボンニュートラル実現を推進すると同時に、パートナー企業間で連携して事業開発を行い、燃料をはじめプラスチックや食品、化粧品など人々の生活を支える藻類製品を社会に普及していく。

MATSURIは今後も、その名の通り人類史上に残るお祭りとするべく、藻類の活用を通じたサスティナブルな社会づくりを志し、共に新産業を創っていくパートナー企業を広く募るという。

※太陽光をエネルギー源、二酸化炭素を炭素源とする、光合成による生産方式。生産時に二酸化炭素を吸収するサスティナブルな生産方式である。

 

【関連リンク】
MATSURI 公式ホームページ
https://matsuri.chitose-bio.com/

ちとせグループ提供資料より



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も