NPO法人Lily&Marry’S(リリマリ)、新潟市中央区に毎日開店し宿題や遊びもできる子ども食堂をオープン


子ども食堂「地球の子供食堂と宿題café」

新潟で女性を中心に地域活性化に取り組んでいるNPO法人Lily&Marry’S(通称リリマリ、山田彩乃代表)は、新潟市中央区古町通りに、定休日(水曜日)をのぞいて毎日開店し、宿題や遊びもできる子ども食堂「地球の子供食堂と宿題café」が今月10日オープンした。

コロナ禍やひとり親、共働き増加などの社会変化に伴う子ども達の食事面のセーフティネット機能としてだけではなく、引きこもりや精神的な孤立の予防、様々な交流を通じて成長を図ることができる、学校や家庭を超えたコミュニティを目指していく。

具体的には中学校教諭一種免許状(理科)と高等学校教諭一種免許状(理科)を取得している山田代表(新潟大学出身)や、学生ボランティアなどが講師となり、子どもたちの宿題や学習をフォローする(スペースは自習などに使うこともできる)。

宿題をフォローしてもらったり自習を行ったりできる

またスペース内に飲食店(串カツ坂田)と併設させて大人も子どもも集う空間(大人とのコミュニケーションの場)にし、世代を超えた交流の活性化を目指していく。

さらに今後はワークショップなどを開催するほか、リリマリが企画しているボランティア活動(海岸清掃、職業体験)にも参加(参加は任意)できるようにすることで様々な経験を積むことができる環境を提供していく。

一方、食堂では新潟の食材を使ったメニューを日替わりで提供する。料金は、中学生以下は無料で、高校生は300円、(親子連れの場合)親は500円。

この日のメニューは、ミートソースとスープとコロッケ。コロッケは、規格外の里芋をもらい作ったという(取材時には長と調子している最中だった)。こうした取り組みなどを通じ、食の有効活用(フードロス削減)にも取り組んでいきたいという。

この日のメニュー。ミートソースとスープ。写真に載っていないがコロッケもあった

ただ、日々中学生以下に無料で食事を提供することから、支出が少なからずかさんでしまう面がある。このため、企業や個人を対象に月額スポンサーを募っている(下にスポンサープランの写真を掲載)。スポンサー企業は、社会貢献ができる(SDGsの取り組みができる)うえに、併設する串カツ坂田を割引で利用できる特典がある。また企業名がホームページや店内(掲載されないプランもある)に掲載されるという。

場所:新潟県新潟市中央区古町通6番町963番地 ディーズビル3階
営業時間:16:00〜20:00
定休日:水曜日

食堂の運営をサポートしてくれるスポンサーも募っている



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も