【大注目のテクノロジー誕生】株式会社K-walk(新潟県加茂市)が完全オフライン対応の生成AIシステム「Chimaki」開発、加茂市役所で試験導入開始

株式会社K-walk(新潟県加茂市)取締役・CDOの波塚飛鳥氏

株式会社K-walk(新潟県加茂市)はこのほど、完全オフライン対応の生成AIシステム「Chimaki(ちまき)」を開発し、加茂市役所および加茂商工会議所への試験導入を開始した。同社は正式リリースに向け、今後「Chimaki」の性能評価を進めていく。

システムは、データ検索、人材教育、業務改善をサポートするAIアシスタントとして機能する。

Chimakiはインターネット接続不要の生成AIシステムであり、独自の言語モデルを用いた回答の生成が可能。また、量子化などの技術による軽量化・最適化を実現し、シングルGPUでの実用レベルの文書生成を可能としている。完全オフラインおよびローカルネットワーク(社内ネットワーク)での稼働により、情報漏洩リスクや従量課金コストの削減が期待できるという。

また、Chimakiは業務マニュアルや自社セキュリティガイドラインなどのデータ検索、要約や既存データをもとにした文書生成に活用することができる。回答生成時には、回答とともに参照部分を出力することで、従来の生成AIで問題視されていた回答の正確性や根拠のブラックボックス化を解決する。

K-walk代表取締役の永山光夫社長は、「Chimaki を使いこなせれば⼈材、⼈⼿不⾜に悩む地⽅の官⺠両組織で⼤きな成果をあげることができると確信している。このChimaki を通じて⼈⼝減少時代の⽇本に明るい未来を創れるようにしていきたい」を意気込みを語った。。

「Chimaki」を開発した取締役・CDOの波塚飛鳥氏は、「⽣成AI 導⼊時の⼤きな障壁であったランニングコスト、セキュリティ、出⼒結果の信頼性を解決し、専⾨スタッフが不在の組織での⽣成AI 活⽤に⼤きく寄与できると考えている」と話す。

今後「Chimaki」は、モデルの切り替えや継続的なサポート、さらに他システムとの連携も視野に⼊れた技術選定やシステム構築を⾏なっていくとしている。

なお、導入を検討している企業や自治体は、同社のウェブサイトから問い合わせが可能。

株式会社K-walk(新潟県加茂市)代表取締役の永山光夫社長(写真左)、取締役・CDOの波塚飛鳥氏(写真右)

 

【関連サイト】
株式会社K-walk

b-method

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓