【発表】新潟県が「クマ出没特別警報」を解除、例年より出没・目撃件数が多いので引き続き注意が必要


クマ

新潟県は1月30日、ツキノワグマ(以下 クマ)の出没・目撃件数が県全体で減少していることから、2023年10月26日付で発表した「クマ出没特別警報」を、1月31日をもって解除すると発表した。

2023年12月以降、クマによる人身被害は発生しておらず、出没・目撃件数が県全体で減少していることから、1月31日をもって「クマ出没特別警報」は解除される。

しかし、1月のクマの出没・目撃件数は例年より多く、県は出没・目撃件数の多い地域では引き続き注意をするよう呼びかけている。

県はクマと遭遇しないための対策として、「地域のクマ目撃情報を確認し、クマのいるところには近づかない」や「複数で行動し、ラジオや鈴などの音の鳴るものを携行する」などの対策を呼びかけている。

加えて、クマと遭遇した場合には「クマに出会ったときは慌てずにゆっくり後退する」や「クマに襲われた場合、地面に伏せて頭・首・腹を守る(両手で首の後ろをガードする)」よう呼びかけている。

 

【関連リンク】

にいがたクマ出没マップ


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓