【負債総額は約6,000万円】有限会社イズミフーズ(新潟市江南区)が破産開始決定


株式会社東京商工リサーチ新潟支店によると、各種食料品卸売などの有限会社イズミフーズ(新潟市江南区、設立1995年4月3日、資本金300万円、坪谷廣人社長)は1月26日、新潟地裁より破産開始決定を受けた。

申請代理人は五十嵐勇弁護士(弁護士法人美咲総合法律税務事務所、新潟市中央区)、破産管財人には米山一史弁護士(白山パーク法律事務所、新潟市中央区)が選任された。負債総額は約6,000万円。

イズミフーズは、1995年4月に設立された事業体で、各種食料品の卸売や一部製造販売も手掛けていたとみられ、魚市場関係や民間企業、ホテルや旅館、割烹などにも販路を形成し、本社のほかにも、佐渡営業所や塩沢営業所も設置し、2018年3月期は約2億8,000万円の売上高を計上していた。

しかし、2018年3月に塩沢営業所を閉鎖したほか、市況低迷や他社との競争もあり、業績面は苦戦を強いられ、数年前に事業を停止していた模様で、債務の弁済には至らず、破産による整理となった。


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓