【山形市が2年連続1位】新潟市のラーメン年間支出額、2023年は全国2位に 中原市長「非常に残念」一方でラーメンきっかけの交流人口拡大に期待も


新潟県観光協会では6日朝、ラーメンを食べながら調査結果の発表を見守ったが…(写真提供:新潟県観光協会)

掲載:2024年2月6日11時30分(最終更新:同日12時10分)

総務省が2月6日に公表した家計調査によると、1世帯あたりのラーメン(中華そば)の年間支出額が2023年最も多かったのは山形市で、新潟市は全国2番目だった。

同調査は、全国の都道府県庁所在地と政令指定都市を対象としたもの。前年から引き続き最多となった山形市の支出額は1万7,593円。新潟市の支出額は1万5,224円だった。

今回の発表を受けて新潟市の中原八一市長は「1位となることができず非常に残念」とコメントしつつも「毎年話題となるこの家計調査をきっかけに、全国有数のラーメンが人気のまちであることが認識されてきた。メディアでも注目されている新潟のラーメンをきっかけに、今後も交流人口の拡大につなげていきたい」と述べた。

 

【関連リンク】
総務省 「家計調査報告 ―月・四半期・年―」

 

【関連記事】
ラーメンの年間支出額、前年首位だった新潟市は2位に陥落、花角英世知事「新潟の食の豊かさはラーメンだけではない」 (2023年2月9日)


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓