【Q3決算】雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)が増収増益、エリンギとぶなしめじが好調


株式会社雪国まいたけ

株式会社雪国まいたけ(新潟県南魚沼市)は2月8日、2024年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。

収益は356億6,900万円(対前年同期比9.9%増)、営業利益は36億1,400万円(同25.0%増)、税引前利益は32億5,500万円(同25.3%増)、四半期利益は21億3,800万円(同23.4%増)、親会社の所有者に帰属する四半期利益は21億3,200万円(同23.1%増)、四半期包括利益合計額は21億4,000万円(同23.5%増)となった。

きのこ全般の市場供給量が落ち着いた状況が継続し、市場取引価格が前年より高い水準で推移した。また、野菜の生産が高温影響で不調になるも、11月以降は比較的安定的な出荷となった。一方で、全国的に気温が高く、鍋物商材の売場拡大が進みづらかったという。

茸事業において主要品目の「まいたけ」は前年同期に比べ販売量が減少したものの、販売単価は好調に推移し、当第3四半期連結累計期間における売上収益は、135億7,700万円(前年同期比2.3%増)となった。また、「エリンギ」と「ぶなしめじ」については販売量、販売単価いずれも好調で、「エリンギ」事業の売上収益は27億2,200万円 (同18.0%増)、「ぶなしめじ」事業の売上収益は49億6,900万円(同11.2%増)となった。

 

【関連リンク】
雪国まいたけ webサイト


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓