【Q3決算】岩塚製菓(新潟県長岡市)、製造原価の改善で営業利益増 業績予想も修正


岩塚製菓株式会社

岩塚製菓株式会社(新潟県長岡市)は2月8日、2024年3月期第3四半期決算(連結)を発表した。

売上高は164億9,700万円(前年同期比9.3%増)、営業利益は6億2,000万円(前年同期は2億2,900万円の損失)、経常利益は27億3,400万円(前年同期比38.1%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益は19億2,800万円(同39.6%減)となった。

引き続き定番品主体に堅実な販売実績を示すことができ、増産に伴う原価低減効果も大きく、営業損益段階では前年同期間比増収増益となった。

損益面では、増収基調を堅持したなかで原材料費・労務費の抑制や電力・燃料費の削減ができ製造原価の改善が図られた結果、黒字を確保した。

経常利益には、岩塚製菓が株式を保有するWANT WANT CHINA HOLDINGS LIMITED.からの株式配当金18億3,800万円(前年は記念配当があり42億8,800万円)を営業外収益の受取配当金に計上している。

また、2024年3月期通期の業績予想も修正。売上高は前回発表予想から据え置いたが、営業利益は4億5,000万円(前回発表予想比28.6%増)、経常利益を25億5,000万円(同12.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益は18億円(同10.0%減)にそれぞれ修正した。

 

【関連リンク】
岩塚製菓 webサイト

 

【関連記事】
【独自】ファンサイト「おこせん」で結ぶ顧客との新しい絆、大手米菓メーカー岩塚製菓(新潟県長岡市)の挑戦 (2023年11月8日)


こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓