新潟県の舞子スキーリゾートで3月に⼀般参加型のスノーボード&スキー・ダウンヒル・レースが開催

アドレナリンを全開放し、⾃分のスピードの限界に挑む

レッドブルは、2 ⽉17⽇から3⽉30⽇まで、新潟県、⻑野県、岩⼿県、北海道、岐⾩県の計5か所のスキー場で⼀般参加型のスノーボード&スキー・ダウンヒル・レース 「Red Bull Snow Charge」を開催する。新潟県は初開催。3月17日に南魚沼市の舞子スノーリゾートで開催される。

Red Bull Snow Charge は、⼀般参加型のスノーボード&スキーのレースで、参加資格はプロ・アマを問わない。スタート時に自らの⼿元に板は無く、合図とともにスタート地点の前にランダムに並べられた板の中から自分のものを探し出し、装着。その後、斜⾯を滑り、 最初にゴールした人の勝利となる(他人の板を装着したり、正しく装着していない場合は失格)。

国内では2009年に福島県でスノーボード限定のイベントとして初めて開催され、2018年からはスキー部門も開催している。イベント参加者を募集している。

www.redbull.com/snowcharge

【大会概要】
参加人数/250名(スノーボード部門・男女合計200名。スキー部門・男女合計50名)
優勝賞金/スノーボード男性部門・女性部門・スキー部門(男女混成)のいずれも10万円
主催/レッドブル・ジャパン株式会社
スポンサー/JAGUAR / LAND ROVER、Anon、ムラサキスポーツ
参加資格/16歳以上の健康な⼀般男女(プロ・アマ問わず)
参加料/2500円(複数会場エントリー時の参加料は異なる)
※使用できるギア詳細はウェブサイトから確認できる。
※荒天中止

Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Jason Halayko/Red Bull Content Pool

Kentaro Matsuda/Red Bull Content Pool