暑中見舞い

シェラリゾート湯沢(新潟県湯沢町)がリニューアルオープン、今後はキッズスペースやテレワーク・ワーケーション環境の充実も計画


リニューアルしたレストラン(イメージ)

株式会社シェラリゾートホテルズ(新潟県湯沢町)が運営するシェラリゾート湯沢が22日にリニューアルオープンした。コロナ禍・アフターコロナにおける新しいライフスタイルなどを念頭に、エントランス、フロント、カフェ、レストラン、ラウンジなどを「開放感・解放感」ある空間にリニューアルしたほか、ミュージックバーなどを新設した。

ロビーは、谷川連邦の山々を臨む絶景がより美しく見えるよう、ギターなどの楽器にも用いられるホワイトアッシュを使用。音楽がいつも流れ、カルチャーやアートに溢れているという。また併設されたカフェではコーヒーのほか、地元のフルーツを使用した季節メニューなどを楽しめる。

また、セレクターにより厳選された良質な音楽を楽しめるバーをオープン。季節や天候、時刻に合わせて選曲する音楽が流れる中、地元の食材や新潟地酒などを楽しめる。

さらに、地域内で唯一フレンチのフルコースを堪能できるレストランを刷新したほか、仕事やパソコン作業にも活用できるラウンジを3階に新設した。

一方、今秋からは、別棟の改修工事を予定。キッズスペースや、様々なイベントに活用できるワークショップスペースが誕生するほか、Wi-fiの増強を行い、テレワーク・ワーケーション環境の充実も図るという。

【関連サイト】
シェラリゾート湯沢

ロビーから眺める谷川連邦と湯沢の町

3階ラウンジ(イメージ)


こんな記事も