株式会社津南高原開発(新潟県中魚沼郡津南町)が運営するニュー・グリーンピア津南で、グランピングサイトの5区画が10月まで営業中


グランピングサイトの様子

株式会社津南高原開発(新潟県津南町)が運営する総合リゾート施設「ニュー・グリーンピア津南」は、ホテルエリアから徒歩3分にある高級志向のキャンプであるグランピングサイトの5区画を10月23日まで営業している。

グランピングとは、「魅力的な」を意味するグラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた言葉で、自分でテントやキャンプ道具などを用意しなくても気軽にキャンプ体験を楽しむことができ、ホテルに泊まるような感覚で、大自然や満天の星空なども優雅に楽しめるというもの。豪華な食事とアルコールをゆっくり楽しみながら眺める焚き火のほか、温泉など100万坪の高原リゾートを満喫できるという。

1泊2食付きコースは夕食がホテルの厨房で調理されたグランピングメニューで、朝食はホテルでのバイキングとなる。グランピングの備品は、テント、テーブル、チェア、クーラーボックス、焚き火台、LEDランタン2個、フェイスタオル、バスタオル、歯ブラシのほか、ホテルの大浴場を利用できる。また、施設内のゴーカートや屋内プール、ボウリングなどのスポーツ施設を利用できるアクティビティチケットが特典として付く。

予約申込期限は宿泊日の3日前までで、申し込み人数は1サイト2人以上4人まで。料金は平日4人利用で1人1万6,000円から。

ニュー・グリーンピア津南は、苗場山麓の大自然の中に広大な敷地を持つプライベート高原リゾートホテルで、アウトドアやインドアの各種スポーツ施設やレジャー施設のほか、夏のキャンプ場、冬のスキー場が同じ敷地内にあり、多種多様な施設がすべてホテルと直結している全天候型リゾート施設。

テント内の様子

焚き火

 

料理のイメージ


こんな記事も