八海醸造株式会社(新潟県南魚沼市)のクラフトビールブランドから秋の季節限定商品となる新商品を10月に発売


ライディーンビール 左からヴァイツェン、アルト 、IPA、ピルスナー

八海醸造株式会社(新潟県南魚沼市)は自社のクラフトビールブランド「ライディーンビール」から、秋の季節限定商品となる新商品「アイリッシュレッドエール」を10月に発売する。10月3日に出荷する。

同社の猿倉山ビール醸造所では現在、定番商品の4種(ヴァイツェン、 アルト、 ピルスナー、 IPA)に加え、季節限定商品として春は「ペールエール」、夏は「セッションIPA」、冬は「ポーター」という3種を製造している。

日本酒と同様に、霊峰八海山から湧き出る極軟水の伏流水・雷電様の清水を仕込み水に、それぞれのタイプの特長を活かしながらも食事にあう四季折々の食卓を引き立てる味わいに仕上げているという。今回はこれまでなかった「秋」の食卓にあわせたライディーンビールとして「アイリッシュレッドエール」をつくった。

アイリッシュレッドエールは、カラメル麦芽の甘く香ばしい香りが特徴的なアイルランド生まれのエールビールで、今回その味わいをライディーンらしく落ち着いた風味としながらも苦みのホップと5種類の麦芽を使用し、麦の優しい甘みを活かしたコクのある味わいに仕上げた。肌寒くなる秋の夜長にゆっくりと楽しむシーンを想定し、ぬるめの温度帯に変化しても美味しく飲めるようにした。

なお、猿倉山ビール醸造所は、八海醸造の地ビール製造20周年を機に魚沼の里に2018年7月にオープン。自然豊かな南魚沼市内を望む高台に位置し、醸造所のほかビアバー、 ベーカリー、リカーショップを併設する。霊峰八海山から当地へ繋がる支尾根が「猿倉山」であることから命名された。その名のとおり周辺には季節ごとに猿がその姿を見せるという。

「アイリッシュレッドエール」は、アルコール分5%、内容量330ミリリットル、参考小売価格556円(税込)。

猿倉山ビール醸造所

【関連サイト】
ライディーンビール ブランドサイト
【関連記事】
ワイナリーが作るビール、株式会社カーブドッチ(新潟市西蒲区)がクラフトビールの新ブランド「CAVE D’OCCI BREWING(カーブドッチブルーイング)」を新発売(2022年8月11日)


こんな記事も