【第5回ー②】くびき野の文化フィールドを歩む―1990年~2023年 石塚正英(東京電機大学名誉教授)


【前回】
【第5回ー①】くびき野の文化フィールドを歩む―1990年~2023年 石塚正英(東京電機大学名誉教授)

5-2.くびき野ストーン3兄弟の勢ぞろい

次に中山石(なかやまいし)。柿崎区上中山集落に産出する白色凝灰岩。

地元では白石(しらいし)とも呼びます。柔らかく加工しやすいため、すでに中世の板碑や五輪塔の石材として使用されました。なお、柏崎市立博物館所蔵の縄文期の石棒(陽石)にも白色凝灰岩が使用され、その特徴から中山石の可能性が高いです。

この他、近世期造立の石仏をはじめ、墓石や石鳥居など様々な石造物の素材ともなりました。また多孔質のため火に強く、湿気を呼ばないことから、家屋の土台石(礎石)や囲炉裏の縁石、石蔵の素材など、近年まで幅広く利用されました(『柿崎町史通史編』)。その流通範囲は周辺の柏崎市や刈羽郡、上越市域に及んでいます。

1950年代後半からセメントやコンクリート製品が普及し、中山石の切り出しや生産は急速に衰えました。当時の石切り場跡は、上中山集落の神社裏にあり、当時は発破で岩を崩した後、カケヤで大割りし、ノミ・チョウナなどで、厚さ六、七寸程度の石材に仕上げたそうです。

5-3に続く

石塚正英

1949年生まれ。18歳まで頸城野に育まれ、74歳の今日まで武蔵野に生活する。現在、武蔵野と頸城野での二重生活をしている。一方で、東京電機大学理工学部で認知科学・情報学系の研究と教育に専念し、他方で、NPO法人頸城野郷土資料室を仲町6丁目の町家「大鋸町ますや」(実家)に設立して頸城文化の調査研究に専念している。60歳をすぎ、御殿山に資料室を新築するなどして、活動の拠点をふるさと頸城野におくに至っている。NPO活動では「ますや正英」と自称している。

【前回】

【第5回ー①】くびき野の文化フィールドを歩む―1990年~2023年 石塚正英(東京電機大学名誉教授)


 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓

こんな記事も