【キシャメシ】国民食×定番、異色の「牛すじカレー麻婆めん」 麺屋 ほんず(新潟市中央区)

牛すじカレー麻婆めん

県庁での取材を終え14時。昼飯時を逃し微妙な時間帯になってしまったが、この付近なら店に困ることはない。とりあえず少し歩いてDEKKY 401へ。さて、タレカツにするか、そばにするか。地元スーパーでお惣菜を物色するのもいい。さすがに、キシャメシで大手ファストフードチェーンの記事はできないが……。そう考えながら店内を散策していると、とある看板を発見。

「麺屋 ほんず」。2階フードコートに入居するうちの一つだ。「らーめん」580円、「ちゃーしゅうめん」780円となかなかリーズナブル。だが、残念ながら私は最近キシャメシでラーメンばかり。たまにはご飯物を……と考えていたとき妙な文字を見つけた。

「牛すじカレー麻婆めん」780円。

……? カレーなのか、麻婆豆腐なのか、ラーメンなのか。いやカレーラーメンなのか、麻婆麺なのか、と言うべきか。これは確かめるしかない。「らーちゃんセット」750円のほうがどう考えてもお得で一瞬迷いが生まれたが、なんとか振り切って食券のボタンを押した。

メニューの写真よりもカレーと麻婆のコントラストが強い

太めの麺

フードコートのベルと交換でやってきたのは、異色のあいがけ。パット見ではカレーのほうが何か別の中華料理にも見える。

さて、まずは麻婆のほうを一口。辛味は少なく、スパイスの刺激も少なめ。ただその分野菜の味が正直で、どこか懐かしい。謂わば「給食に出たような味」という感じか。家族連れの多いフードコートでも安心して食べられる。次にカレー。牛すじの濃い味わいで、こちらも美味い。同店ではカレーライスもある。ラーメンに並ぶ主力なのだろう。

そして麺……と思ったが、麻婆もカレーもドロッドロでなかなかほぐれない。必然的に二つが混ぜ合わさる。もはや黒めの麻婆なのか、変わった具材のカレーなのか。なんとか麺を取り上げて恐る恐る口に入れる。

……うん、美味い。美味いのだが、形容がしづらい。全体的にカレー風味に支配されたが、タケノコの食感もパプリカの酸味もカレーには悪くない。麻婆の印象がシンプルな分、味わいにパンチが加わったとも言える。豆腐が感覚的にカレーには違和感があるぐらいか。

そして何より、妙にご飯に合う。これは明確にカレーとも麻婆とも違う……。系統の異なるスパイスのかけ合わせが成せる技か。麺と米へ交互に箸を運ぶ。もっとご飯あっても良かったかもしれない。

出てきたときは驚いたが、難なく完食。たまに食べたくなるタイプの一つ……かもしれない。

混ざりきったスープ。カレーにキクラゲは流石に……と思ったが、案外合う

メニュー。カレー麻婆も人気メニュー同士の組み合わせと考えると不思議ではない……のか?

麺屋 ほんず

 

(編集部・T)

 

【グーグルマップ DEKKY 401】

【キシャメシ】は、にいがた経済新聞編集部のメンバーが、日々の取材活動の合間にいただく昼ご飯を日替わりで、真正面から他意を入れず、何モノにもとらわれず、お仕着せのグルメリポートに背を向け綴った、キシャの日常モノローグ。さて明日の担当キシャはどこで何を食べるのか、お楽しみに。

こんな記事も

 

── にいがた経済新聞アプリ 配信中 ──

にいがた経済新聞は、気になった記事を登録できるお気に入り機能や、速報などの重要な記事を見逃さないプッシュ通知機能がついた専用アプリでもご覧いただけます。 読者の皆様により快適にご利用いただけるよう、今後も随時改善を行っていく予定です。

↓アプリのダウンロードは下のリンクから!↓