新潟県佐渡市のパンを喉に詰まらせ意識不明だった児童が死亡


新潟県佐渡市は11日、今月7日の給食で喉にパンが詰まり意識不明の状態になっていた市内の小学5年生男性児童が、11日午前2時5分に死亡したと発表した。

これを受け佐渡市教育委員会敎育長は11日午後8時より、佐渡島開発総合センターにて会見を行う。

【関連記事】
新潟県佐渡市内の小学五年男子児童の窒息事故について佐渡市教育委員会が会見、児童は未だ意識不明(2021年7月9日)

新潟県佐渡市の小学校で児童がパンを喉に詰まらせ救急搬送される事故が発生(2021年7月8日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も