グローカルマーケティングが「アルビBB応援Tシャツ出勤デー」

ホームゲームの日は社員みんなで応援Tシャツを着て仕事をしよう

新潟アルビレックスBBのオフィシャルスポンサーを務める株式会社グローカルマーケティング(新潟県長岡市)は3日、ホームゲームの日は社員みんなで応援Tシャツを着て仕事をしようという「アルビBB応援Tシャツ出勤デー」を実施した。

同社ではマーケティングを活用した様々な取り組みを行っており、「マーケティング×スポーツ」の視点からも地域を盛り上げていこうと、アオーレ長岡に本拠地を置くアルビBBとのコラボレーション企画を開催してきた。冠試合のハーフタイムでは、トキっ子くらぶを運営するグローカルマーケティングならではの「赤ちゃんハイハイレース」や「キッズフリースロー」の開催。他にも会場前での「バスケビンゴゲーム」、ユニホームを着て選手になりきる「なりきりフォトスタジオ」など、バスケファンでなくとも子育て世帯が親子で楽しめるユニークなものが多く、気軽にスポーツに触れるきっかけになっている。

この日、応援Tシャツを着て出社した社員たちは「みんなが同じTシャツを着て仕事をするのは試合会場の一体感に近いものがあり、仕事へのモチベーションにも繋がりますね」と楽しそうに仕事をしていた。また、外出先でTシャツが会話のきっかけになったという今井進太郎代表取締役は「この取り組みを、まずはアオーレ周辺の企業から市内、県全域へと広げ、アルビBBを応援する風土が地域全体に浸透することで地域の活性化に繋がれば」と話した。

アルビレックスBB応援Tシャツ出勤デー

仕事後にはみんなでアルビBBの試合観戦

赤ちゃんハイハイレース

バスケビンゴゲーム