第四北越フィナンシャルグループとトヨタ販売店グループが「交通安全教材」を贈呈

第四北越フィナンシャルグループの株式会社第四銀行、株式会社北越銀行、北銀まごころの会(北越銀行役員・職員有志の会)と、新潟県トヨタ販売店グループは5日、新潟県に「交通安全教材」を贈呈した。交通安全教材の贈呈は今年で51回目。児童・生徒の交通事故防止と交通安全意識の向上のために行われている。

4月8日から14日の「新入学(園)児を守る交通安全週間」に向け、第四銀行、北越銀行、北銀まごころの会から、交通安全標語入りの「けんすい幕」(計754枚)が県内の小・中学校、特別支援学校に贈られる。けんすい幕は、交通安全意識の啓発を促すため、学校の玄関などに掲出されることになっている。また新潟県トヨタ販売店グループからは、「交通安全絵本」(5万2400冊)と「交通安全紙芝居」(950冊)が県内の幼稚園・保育園に贈られ、交通安全教育に活用される。

(左)株式会社北越銀行県庁支店 魚野真澄支店長 (右)株式会社第四銀行県庁支店 伊比政憲支店長

新潟トヨタ自動車株式会社 (左)営業推進室部長 萩原勇司氏 (右)新車部部長 京昭弘氏

交通安全標語入り「けんすい幕」
小学校用「とび出さない いったんとまって みぎひだり」
中学校用「登下校 いつもの道こそ 要注意」

交通安全紙芝居「あ〜したてんきにな〜れ」

交通安全絵本「さくらがさいた」