亀田総合体育館(新潟市江南区)で事前合宿中のフランス空手選手団がメディア向けに練習を公開


スティーブン・ダ・コスタ選手(左)の練習の様子

東京2020オリンピックに向けて亀田総合体育武道場(新潟市江南区)で事前合宿中のフランス空手選手団が29日、報道陣に練習を公開した。

事前合宿を行っているのは、男子・組手67キログラム級のスティーブン・ダ・コスタ(Steven da Costa)選手、女子・組手61キログラム級に出場するレイラ・エルト(Leila Heurtault)選手、女子・形のアレクサンドラ・フェラッチ(Alexandra Feracci)選手。

選手らは27日に入国し、28日から事前合宿を開始。練習公開時にはそれぞれの選手がパートナーとともに約2時間練習を行い、オリンピックに向けて調整を行っていた。練習公開後、選手らは報道陣のインタビューに答えた。

スティーブン・ダ・コスタ選手

スティーブン・ダ・コスタ選手は、「大変条件の良い環境で本番に向けた練習ができている。オリンピックの参加者全員のレベルが高いので、自分としては全力を尽くすだけ。その先にメダルが見えてくるかもしれない」と話し、日本語で「アリガトウゴザイマス ニイガタ」と感謝の言葉を述べ、その場を後にした。

レイラ・エルト選手

続いて、レイラ・エルト選手は、「新型コロナウイルスで制限があるにもかかわらず(新潟の)皆さん笑顔で温かく迎えてくれて、それが力になっている。本番では金メダルを獲るという目標を達成したいと思っている」と意気込みを述べた。

アレクサンドラ・フェラッチ選手

アレクサンドラ・フェラッチ選手は、「日本に到着してから上手く集中ができているし、どんどん調子も上がってきている。選手としてオリンピックに出るからにはメダルを目指し、良い色のメダルを獲るためにも全力を尽くす」と話していた。最後に日本語でコメントを求められると、「イタダキマス」と答え、会場を和ませていた。

選手らは8月3日まで同場で事前合宿を行い、本番となるオリンピックでは8月5日にスティーブン・ダ・コスタ選手が男子・組手67キログラム級に、アレクサンドラ・フェラッチ選手が女子・組手61キログラム級の予選に出場。6日にレイラ・エルト選手が女子・形の予選に出場する。

レイラ・エルト選手(右)の練習の様子

アレクサンドラ・フェラチ選手(左)の練習の様子

【関連記事】
新潟市がフランス空手選手団の事前合宿受け入れにあたり歓迎セレモニーを開催(2021年7月27日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も