「第5回城下町村上・春の庭百景めぐり」が開幕

にいがた庭園街道も好評

「第5回城下町村上・春の庭百景めぐり」の開幕式が先月30日、藤基神社で開かれた。

城下町村上庭の会(山口治雄会長)が主催するこのイベントは、新緑が美しい季節に町屋・武家町・お寺などの庭を無料で公開してにぎわいを創出しようと始まったもので、城下町の情緒を楽しみながら、庭・花・盆栽・山野草などを巡るイベントとして人気を集めている。31日まで。

「春の庭百景めぐり」から発展した「にいがた庭園街道ネットワーク」主催の「にいがた庭園街道」も好評を博しており村上市、関川村、新発田市、阿賀野市、五泉市、新潟市を結ぶ約150㌔のルートを巡り、その道中に点在する、庭園や、伝統建築、棚田などの原風景、そのラインに重なる温泉地を楽しんでもらおうというものだ。

開幕式では、期間中の安全を祈願する神事が行われ、来賓の高橋邦芳市長が「情緒ある庭めぐりに多くの人が訪れることを願っている」とあいさつし、同会事務局長の倉﨑勝郎さんが開会を宣言した。

春の庭を愛でる観光客たち

村上新聞2019年5月12日号

村上新聞