表参道・新潟館ネスパスに県産ミニ盆栽と魚沼の酒匠が選んだ酒が登場

新潟県のアンテナショップ「表参道・新潟館ネスパス」で、県産のミニ盆栽を購入したり、魚沼市の酒匠がチョイスした10種類以上の酒をワンコインで楽しめたりするイベントが12日まで開催されている。

ミニ盆栽はネスパス1階入り口付近で展示されている。常時展示数は数十種類と豊富だ。盆栽を作っているのは、新潟市江南区で盆栽のアトリエや植物の育成などを手がけている「ぼんさい屋とき」の高橋星児さん。ミニ盆栽は直径およそ10~15センチメートルの鉢で育てたもの。庭などが少ない都心部の住宅でも手軽に楽しめる盆栽として、人気が高い。

ぼんさい屋ときは、ネスパスに数年前から出展し、ミニ盆栽の普及に努めている。最近は小さな緑のオアシス、癒しを求めて買う人も増えているとか。鉢も自ら作り、販売している。ネスパスへの出展頻度は現時点で年1回というが、「チャンスがあればもっと出たい」としている。

酒がワンコイン500円で楽しめるのは、ネスパス1階奥のイベントスペースだ。酒店かねしん(魚沼市)の長尾政利さんがブースに立ち、好みに合わせて日本酒を供してくれる。「酒の陣などもあってか、日本酒人気は高まってきている」と長尾さんは実感。それでも、ネスパスにはいろんな人が訪れる。「少しでも多くの人に酒のうまさを知ってもらいたい」とし、アピールを続ける方針だ。

ネスパスの入り口付近で展示されているぼんさい屋ときのミニ盆栽。

かねしんが選んだ酒は全県の酒蔵に及ぶ。