光化学スモッグ注意報が発令される

新潟県は27日午後1時10分、新潟地域(対象市町村=新潟市、阿賀野市、五泉市)に光化学スモッグ注意報を発令した。

県では子供や高齢者などはできるだけ屋外での運動を避けてほしいと呼び掛けているほか、原因となるオキシダント濃度(光化学スモッグの原因物質)を減らすため、工場などでばい煙量を減少させたり、不要不急な自動車の運転を控えたりといった協力を呼び掛けている。

なお光化学オキシダントによる被害の症例としては「目が痛い、かゆい、チカチカする、充血する、涙が出る」「のどが痛い、いがらっぽい、咳が出る」「息苦しい」などの症例があるそうだ。

仮にこのような症状が出たとしても、必ずしも被害が出るわけではないが、水道水でうがいや洗眼をし、室内で安静にしてほしいという。また、もし被害が生じたら、最寄りの環境センター、市町村役場などに知らせてほしいという。

【最寄りの環境センター】
http://www.pref.niigata.lg.jp/kankyo/1199812545181.html

【光化学スモッグ情報】
(PC)http://い-taiki.jp/
(モバイル)http://www.niigata-taiki.jp/m/