国税庁が2019年分の路線価を発表

国税庁は1日、相続税や贈与税の算定基準となる2019年分の路線価(平成31年1月1日現在)を発表した。詳細は国税庁のサイトで閲覧できる。

国税局サイトのトップページ下段にある「路線価図・評価倍率表」をクリックすると閲覧できる。
(公開初日から数日間は、アクセス集中により閲覧しにくい状態となることがあるという。)

(国税局サイト)
www.rosenka.nta.go.jp

新潟県内の最高路線価

新潟駅前通り

関東信越国税局によれば、新潟県の路線価などについては、新潟署の最高路線価(新潟市中央区東大通1 新潟駅前通り=下地図)が昨年の43万円/平方メートルから44万円/平方メートルとなり2・3%上昇した(昨年は0・0%)。

また新津署(新潟市秋葉区美幸町1 中央大通り)が3年連続で横ばい(4万9000円/平方メートル)となったほか、十日町署(十日町市本町3 本町通り)で横ばい(4万1000円/平方メートル、昨年は▲2・4%)となった。なお昨年は新潟、新津、新発田の3署で横ばいだった。ほかの10署は下落となった。

新潟県内の税務署別最高路線価

路線価図(新潟駅前通り)

 

関東信越国税局管内の最高路線価

関東信越国税局管内(埼玉、茨城、栃木、長野、群馬、新潟)の税務署別の最高路線価をみると、上昇した署が17(昨年13)、横ばいの署が27(昨年28)、下落した署は19(昨年は22)。

管内で路線価が最も高かったのは28年連続で、大宮署(さいたま市大宮区桜木町2 大宮駅西口駅前ロータリー)。370万円/平方メートルで、前年の330万円/平方メートルから12・1%上昇した(7年連続の上昇)。

また高崎署(群馬県高崎市八島町、市道高崎駅・連雀町線)の最高路線価は前年の37万円から42万円となり、管内63署で最も上昇率の高い13・5%の上昇となった。浦和署(さいたま市浦和区高砂1 浦和駅西口駅前ロータリー)も前年の152万円/平方メートルから168万円/平方メートルとなり、高崎、大宮に続く10・5%の上昇を記録した。

一方、下落率が最も高かったのは、木曽署(長野県木曽郡木曽町福島 本町通り)。前年の3万円/平方メートルから2万8000円/平方メートルとなった(▲6・7%)。

以下、
・高田署(上越市仲町4 主要地方道高田停車場線)=6万8000円/平方メートル、▲4・2%
・柏崎署(柏崎市駅前2 主要地方道柏崎停車場線)=5万円/平方メートル、▲3・8%
・佐渡署(佐渡市東大通 市道泉117号線)=3万5000円/平方メートル、▲2・8%)
・村上署(村上市田端町 駅前通り)=3万6000円/平方メートル、▲2・7%)
と新潟県内の署が続く。

関東信越国税局管内の税務署別最高路線価

 

標準宅地の標準基準額

管内の「標準宅地の標準基準額の対前年変動率(平均値)」をみると、0・0%(昨年は▲0・3%)。埼玉県以外は下落となった。

標準宅地の対前年変動率(県別)