JALとANAが山形・新潟を盛り上げる取り組みを相次いで発表

旅行パッケージ代金の割引などを実施

JALとANAが5日、地震が発生した山形・新潟を盛り上げる取り組みを相次いで発表した。

ANAは、新潟空港と庄内空港(山形県)の発着便において、マイルを使いやすくすることで両空港の利用促進を図る。具体的には、期間限定で、両空港発着のすべての路線を対象に、片道3000マイルからという「少ないマイル」を特典航空券に交換できるようにする。予約も搭乗日前日まで可能で、思い立ったらすぐに利用できる。期間は8月下旬(1週間程度)と9月(2週間程度)。毎月20日前後に対象期間を同社サイトで案内する。

また航空券と宿泊がセットになった国内ダイナミックパッケージ「ANA旅作」のタイムセールスに合わせ、新潟県・山形県の宿泊を対象とした割引クーポン(5000~1万円/1人)を用意。発売期間は7月19日から29日まで、対象となる出発日は8月1日から11月30日分。

このほか、早期に予約すると「お得」になる「ANA SUPER VALUE」に両空港の発着便を追加設定する。発売日は7月6日から10日(搭乗日は9月3日から17日)。最安値運賃例は大阪~伊丹が7400円からという。

一方、JALも、航空券と宿泊を自由に組み合わせてオリジナルの旅を作れる「JALダイナミックパッケージ」に、「山形・新潟 応援割」を設定する。山形・新潟の両空港の路線を使って山形・新潟県に1泊以上する人(大人2名以上で一定額を超える商品を申し込んだ人)に、1人2000円の旅行代金割引を行う。販売期間は7月24日10時から8月30日まで。対象期間は7月25日から8月31日の出発分。

またキャンペーン期間(7月25日~8月31日)に登録したJALマイレージバンク 日本地区会員が期間中に山形・新潟空港の路線を対象運賃(普通運賃、往復割引など)で搭乗すると1区間あたり500e JALポイントをプレゼントする。

新潟空港