新潟県津南町の廃校グラウンドに夏季限定のテントサイトが登場

期間は7月25日から8月26日まで

新潟県津南町の「三箇地区都会との交流を進める会」は、津南町の廃校(旧三箇小学校)のグラウンドにテントサイトを夏季限定で設置する。地域内に滞在してもらえる環境を提供し、移住者や定住者の増加につなげていくことが狙い。

昨年、新潟県十日町地域振興局の委託事業「移住促進のためのロングステイ環境の実証事業」として実施。その成果を踏まえ、今年から地域住民が主体的に実施するという。

期間は7月25日から8月26日まで。テントは、大(4~6人用)が1張り、中(2~3人用)が3張り、小(1人用)が2張り。利用料は大が5000円、中が3000円、小が1000円。利用料にはテント、シュラフ、ランタン、キャンピングマット、駐車場、校舎内トイレ(16~20時)、仮設トイレ(24時間)が含まれる。また追加料金でシャワー(17時半~20時、300円/名)、自炊用調理場(ガス、水道、食器使用可、1000円/組)が利用可能。

県ホームページ(昨年の実施結果)
http://www.pref.niigata.lg.jp/tokamachi_kikaku/1356901934121.html

チラシ