白いソバの花見ごろ 高坪山中腹で大矢さん栽培


前年より収量2割増し期待

村上市下鍜冶屋の大矢栄策さん(76)が、標高約190㍍の高坪山中腹で栽培するソバの白い花が満開になり、見ごろを迎えている。

 大矢さんによると、昨年は大雨の影響で例年よりソバの育ちが良くなかったが、今年は夏場の高温や台風の影響も少なく、1~1・3㍍ほどに成長。このまま順調に生育すれば昨年より約2割り増しの収量を見込んでいるといい、来月半ばごろに収穫、11月中旬には新そばが味わえるという。

 大矢さんは「花つきも良く、大きな実が期待できる。美味しいソバに育ってほしい」と笑顔で話していた。

村上新聞2021年9月19日号

 

村上新聞



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も