新潟市中央区在住で派遣会社員の30歳代男性を痴漢行為の容疑で逮捕


新潟西警察署

新潟西警察署、新潟中央警察署、本部子供安全対策課は26日10時1分、新潟市中央区在住で派遣会社員の30歳代男性を、新潟県迷惑行為等防止条例違反(痴漢行為等の禁止)の容疑で逮捕した。

容疑者は今年7月5日7時19分ごろ、JR東新潟駅からJR新潟駅までの間を走行中の白新線 普通列車内において10歳代女性に対し、衣服の上から身体に触れる痴漢行為をした。容疑者は、同署に取り調べに対して「思い出せない」と容疑を否認しているという。

一方、新潟西警察署では7月27日および8月16日にこの容疑者を新潟県迷惑行為等防止条例違反(痴漢行為等の禁止)の疑いで逮捕している。今回の容疑については、この逮捕後に進めていた捜査の中でわかった。

【関連記事】
ショッピングセンター内で10歳代の女性へ痴漢行為を行った疑いで新潟市中央区在住の男性を逮捕(2021年7月27日)

新潟市中央区の派遣会社員男性を、新潟県迷惑行為等防止条例違反(痴漢行為等の禁止)の容疑で逮捕(2021年8月16日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も