村上市でeスポーツ大会〜いわふね青年会議所【村上新聞】

年齢・性別・体格に関わらず、可能性が広がるeスポーツ

可能性から“自信”見つけるきっかけに

一般社団法人いわふね青年会議所(JC)は来月4日(月)、村上市教育情報センターで「eスポーツ大会」を開く。
eスポーツとはコンピューターゲームをスポーツと捉える際の名称で、海外ではすでに巨大市場、国内でも注目を集めているジャンルで、練習次第では誰もが世界のトッププロとなれる可能性を秘めている。

今回使用するタイトルはニンテンドースイッチの「太鼓の達人」。主催者が決めた課題曲で、予選と決勝でスコアを競う。事業を担当している同JC青少年育成委員会の渋谷洋輔委員長は「大人も子どもも、誰もが持つ可能性の扉を開くきっかけにしてもらい、チャレンジすることや自信を持つことの大切さを感じてほしい」と呼び掛けている。

参加、観戦は無料。小学生と一般の2部門で計70人を先着順で募集。参加資格は村上市、岩船郡に在住の小学生以上。マイバチの使用は不可。上位入賞者には、総額4万2千円分のプリペイドカードを進呈。

申し込み受け付けは8日(火)からで、ポスターとチラシに記載のQRコードより申し込みフォームを開き、注意事項を確認した上で必要事項を記入する。問い合わせは、同JC事務局(53)4257まで。

村上新聞2019年10月6日号

村上新聞