弁慶グループ初の蟹専門店「カニカニランド」(新潟市中央区)、14日のオープンを前に準備万端


カニカニランド(新潟市中央区)の活蟹が選べるいけす

株式会社弁慶(新潟県佐渡市)は14日、弁慶グループ初の蟹専門店であるカニカニランド(新潟市中央区)を新潟駅南のけやき通り沿いにオープンする。13日はオープンを前日に控え、食材の仕込みや接客面などの準備が整えられ、最終チェックなどが行われていた。

佐渡産の食材を主に扱い、様々な客層向けに特色を持たせた店を展開する弁慶グループは、これまで佐渡市と新潟市、さらに東京都内に全10店舗を構えている。

今回オープンするカニカニランドは、弁慶グループ初の蟹専門店となるが、同様の店舗は新潟県内でも珍しく、オープン前から注目を集めている。約2ヶ月前から開店に向けての準備が行われ、オープンを前日に控えた13日は、ほぼ全ての準備が完了し、最終チェックなどが行われていた。

カニカニランドの注目は、「活蟹コース」。いけすの中の活蟹を客自らが選び、茹で・焼き・刺身の3種類の調理法を選びリクエストできるのが特徴だ。来店客1グループで活蟹1杯以上を選び、調理された蟹をグループでシェアするなどの食べ方ができる。

活蟹の価格は産地や重さによって設定されており、この日は佐渡産の本ずわい蟹や山形産の庄内北前蟹などが仕入れられていた。

落ち着いた雰囲気がある個室(6人テーブル)

水槽を楽しめるカウンター席(6名まで)

席は4名テーブルや6名テーブルがある個室席と、1名からでも利用しやすいカウンター席が用意されている。個室席の仕切りを外すことで、最大20名の宴会席にも対応が可能という。

新潟県は蟹の産地であるにも関わらず、蟹専門店があまりなかった。そこで弁慶グループでやろうという構想が立ち上がりオープンに至ったという。株式会社弁慶の齋藤浩央専務取締役は、「新潟には珍しい蟹の専門店で、いけすから活蟹を選んで調理するスタイルも珍しい。ぜひ美味しい蟹を堪能してもらいたい」と話した。

なお、カニカニランド利用の際は、ぐるなびからの事前予約を勧めている。

新潟駅南のけやき通り沿いのビル1階にオープンするカニカニランド

いけすの中の活蟹を客が選び、調理してもらうスタイル

いけすの活蟹、佐渡産や山形産など、仕入れ状況によって変わる

 

【関連サイト】
ぐるなび「カニカニランド」



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も