新潟駅前の新潟帝石ビルディング(新潟市中央区)が2月中に建て替えに伴う解体工事を開始、新ビル名称は「INPEX新潟ビルディング」に


新潟帝石ビルディング

株式会社INPEXビジネスサービス(東京都港区)は22日、2019年10月に建て替えを決定した新潟帝石ビルディング(新潟市中央区)について、2月から解体工事を開始し、12月ころから新築工事に着手する予定であると発表した。

新潟帝石ビルは1961年に竣工。新潟駅すぐで東大通沿いの一等地にあり、賃貸オフィスとして使用されていた。2019年10月に老朽化のため建て替え決定し、2021年12月をもって営業終了。2022年2月から工事に着手して、11月ころに解体終了を予定する。

また12月ころから新築工事が始まる新ビルに関しては、名称は「INPEX新潟ビルディング」となる予定である。同社では今後、新築工事の概要や竣工時期が決定次第、情報を開示するという。

 

【グーグルマップ 新潟帝石ビルディング】

 

【関連記事】
新潟帝石ビルの建替えが決定(2019年10月25日)



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから

こんな記事も