移動式ツリーハウスが完成 関川村・道の駅関川


イベント利用にも

 関川村の「道の駅関川」にある「せきかわ歴史とみちの館芝生広場」にこのほど、移動式のツリーハウスがお目見えした。

 広場の利活用を図ろうと、管理する村自然環境管理公社ではこれまで、地元産材のスギやヤナギを使ったツリーデッキをはじめ、廃校舎の遊具を再利用した滑り台やブランコ、ターザンロープなどを整備。

 新発田市の業者に依頼したツリーハウスは、地元産材のヒノキ製で、縦1・8㍍、横1・3㍍、高さ1・9㍍の移動式。先月17日に、ツリーデッキの上に設置された。

 宮島克己副村長は「(新型コロナウイルスの影響が)落ち着いたら、村内をはじめ多くの子どもたちに遊んでほしい」とし、「(ツリーハウスは)移動式なので、さまざまなイベントなどで利用できれば」と話していた。

高さ2メートルほどもあるツリーハウスが完成した

高さ2メートルほどもあるツリーハウスが完成した

村上新聞2020年5月3日号

村上新聞



無料ユーザー登録すると、コメントを投稿できます。無料ユーザー登録はこちら

0 件のコメント

コメントはこちらから